2019-05-10

日々雑記 2019 May #1

1日(水)




いわし天丼、甘酢生姜、インスタント味噌汁(しじみ)。
昨日買ってきたいわし天ぷらを魚焼きグリルで焼いた。ちょっと焦げた。

食べたら出かける。友人に車を出してもらい、信楽へ行くのだ……ってちょっと、道が異常に混んでいるではないか。自室にいたとき道を走る車の音が聞こえなかったので、みんな家で新天皇即位でも見てるんだろうと思っていたが、なんのことはない、渋滞で車が流れていなかったから音がしなかったのだ。ははは。笑っている場合ではない。いつ着くんだこれ。それにしても前の車が札幌ナンバーだったりするのだが。なんで車で来るのだろう。飛行機で来てレンタカー借りた方がよくないか。まあ好き好きだけど。

現地には午後1時ちょっと前に到着。めちゃくちゃ人が多い。こんなに混んでいるMIHOミュージアムははじめて見た。そう、開催中の「大徳寺龍光院 国宝 曜変天目と破草鞋」を見に来たのだ。


まずはお昼をと思ったが、レストランもめちゃ混み。しばらく待って席に案内されたときには、食べようと思っていた一汁三菜膳が品切れ。てことで


おろし蕎麦とおむすび。
ビバ炭水化物。なぜかここではきつねうどんしか食べたことがなかったのだけど、今回蕎麦にしてみた。おいしかった。

けっこうな降りの中、傘をさして美術館棟へ向かう。そういえば一度も見たことのない桜はすでに終わっていて、シャクナゲが咲きはじめ。到着、本館の大きなガラス窓から外を見ると、霧にけぶる山がいい感じ。


曜変天目待ちの列に並ぶ。60分以上待ちだとか。破草鞋とは破れわらじ、道端に落ちていてもだれも見向きもしない破れたわらじのように、偉いんだか偉くないんだかわからない、ありがたがられもしない存在として生きるとことが、禅僧の本当の境涯だということだけど、なんだろうな、茶を一杯所望したら曜変天目茶碗で出てきたなんてことがあったら……いや、なんか違うな。なんて考えているうちにようやくここへ


このタテカンに至るまでで15分、さらに40分かけて回廊をのろのろと回って展示室へ。入れたと思ったら、ここでも茶碗を見るための列に並ばないといけなかった。遠いよ。並んだ先には曜変天目茶碗のみの展示室がある。そしてそこに入室できるのは一度に10人程度、立ち止まらず時計回りにゆっくり回りながら見ろと指示され、観覧時間は1分というあわただしさ。もうちょっとこう、向き合いたかったのだけど、まあ仕方ないか。だからかどうか、「あ、綺麗」という以外の感想はない。その他の展示物では、伝牧谿筆「柿栗図」がよかった。華叟宗曇(一休さんのお師匠さん)の墨蹟を見られたのもうれしい。

常設展の曜変天目や贔屓のエジプトの河馬を見たりしているうちに閉館時間、というより駐車場までのバスの時間が迫ってきたのであった。ミュージアムショップでポスカを数葉購入。

さて帰りましょう。


ほかにも行きたいところがなかったわけではないけど、まっすぐ帰ることにした。雨も降ってるし。

晩めしはK大の近所の四川料理店で台湾ラーメンを食べた。台湾にはないといわれる台湾ラーメンが四川料理店で食べられるとはどういうことなのかは考えまい。スマホを車に落としてきたので写真はないが、このお店、安くて美味しかったのでまた行きたい。


2日(木)

朝は冷やごはんをしいたけ昆布(法事のお供えをもらってきた)とほうじ茶で。




ありあわせ汁ビーフン。
トッピングは煮たまご、もやし、干ししいたけ、干しアミ、ねぎ。スープ完飲。薄味にしすぎてちょっと味がぼやけていたが、麺を食べてうまいと思うほどにすると、辛すぎて飲めなくてもったいないのでまあよかろう。

午後は古本まつりに出かけたのだが、電車に乗っていてシャツを後ろ前に来ていることに気づいた。ボートネックってわかりにくくないですか。そんなことないですか。白川に生えているカニクサの先端のくるくるがちょっと異常なくらいの可愛さだったのだけど、そんなことよりシャツを回したいと急ぎ会場に向かい、カニクサは帰りに撮ったのだった。


可愛い。

今日こそはみそあんのかしわ餅をと祇園饅頭さんの工場へ。


前の人の分でかしわ餅は売り切れ……またか。しかし10分待てばできたてのものが買えるというので待ち、無事にふたつ買うことができた。帰宅して、まだあたたかいそれをひとつ食べた。もうひとつは明日のお楽しみ。

本日の収穫


児童書は姪たちに


『カニ ツンツン』はひょっとしたら自分のものにしちゃうかも。


3日(金)

おめざ


六方焼、ほうじ茶。
六方焼は死んだばあさんの好物だったと聞いた。




くるみパン、ヨーグルッペ。




カレーラーメン。
トッピングはお揚げ、煮たまご、わかめ、もやし、ねぎ。

おやつ


かしわ餅(みそあん)、ほうじ茶。

夕方、散歩(兼食材調達)に出る。いつもの散歩道にはうさぎを散歩させている人がいた。

本日の収穫


フキ、イタドリ、ヤブカラシ、セリ、ノゲシ、クズ、ヘラオオバコ、ヨモギ、ヒメジョオン、カキドオシ、ペパーミント、アップルミント。
フキの葉は塩水で茹でて水に取る。茎は皮を剥き、茹でて水に浸けておく。イタドリは皮を剥いて適当に刻み、茹でて水に晒す。ヤブカラシは葉とつるを取り、ほんの少し重曹を入れた水で茹でて水に取る。ふう。ほかはヘタらないように水に挿しておいて、下ごしらえ完了。とはいえフキの葉とヤブカラシは、水を換えながらひと晩晒してから使うのだ。


4日(土)

どえらく怖い夢を見て目を覚ましたが、二度寝したら忘れてしまった。そんな朝、オブツサ子1号が最後の花を開いた


がんばったねえ。




バゲット、コーヒー。

昼の野草膳


ヤブカラシのおひたし、天ぷら(クズ、ヨモギ、ヒメジョオン、カキドオシ)、フキの葉飯、セリとしいたけのすまし汁。


食後はペパーミント茶。メントール含有量が多いので、スペアミント茶よりもスッとする。

晩酌


アテは湯引きの鱧。もう夏だ。


5日(日)

朝は紅茶のみ。

昼の野草膳


イタドリのきんぴら、フキとお揚げの炊いたの、セリ飯、ヤブカラシの味噌汁。

いいお天気なので、しいたけとエリンギを干す。


半日くらい干したものをソテーして食べるとうまいのだ。

午後のアップルミント茶


ちょっと薬くさいような香り。嫌いではない。

ああっ、今日が本番(?)だというのに、かしわ餅もちまきも食べ忘れた。予行演習(?)は万全だったのに、と買いものに行こうとして財布がないのに気がついた。あちこちひっくり返して、冷蔵庫の中まで探したが、見つからない。落としたか置き忘れたかしたな、これは。昨日出かけたのは一か所で、なくしたとしたらそこしかない。そこであってほしいと祈りつつ行って尋ねてみたら、落とし物として交番に届けたとのことでほっとした。受理番号のメモをもらって交番へ。すでに本署に送ったあとだとのことで、今から行って引き渡しができるかどうか聞いてくれていたが、夜も遅いし本署はちょっと遠いので、確実に受け取れる休み明けに行くことにした。

というわけで一銭もないので、晩酌はなし、ありもので晩飯を


ちく玉。
昨日の天ぷらの衣が少し残っていたので、お好み焼き粉と水を足して生地をつくり、キャベツ、ちくわ、たまごを入れて焼いた。青海苔が切れていたので刻み海苔をまいたらなんのことやらわからなくなった。うまかったが食べすぎだ、これは。


6日(月)

今朝、オブツサ子2号が最後の花を開いた


今年の花祭りフィナーレを飾る花。




茶漬け。
昨日の残りごはんを湯洗いして野沢菜茶漬けの素で。

昼の野草膳


ノゲシの胡麻和え、ヘラオオバコ入りツナと野菜のたまごとじ、フキの葉のおむすび、セリと豆腐の味噌汁。
たまごとじにはヘラオオバコ、ツナ、にんじん、ねぎ、昨日干したしいたけとえりんぎを入れた。

晩のおかず


炒り豆腐。
昼食後、たまごとじのタネが残っているので晩はこれを皮で包んで焼き餃子にしよう、ビールがあればなおよしなんだけどなー、なんて思っていたのだけど、よく考えたら明日まで一文無しなのでビールどころか餃子の皮も買えないわけで、昼の味噌汁に使った豆腐の残りと炒めた。昼の残りの冷やごはん、しいたけ昆布、インスタントしじみ汁と。


7日(火)




ソパ・デ・アホ(大盛)。

午後、財布を引き取りにケーサツへ。途中でワラビがわさわさ茂っている場所を発見。まあ金網の向こうなんだけど。帰りに金網沿いに少し歩いてみたら、ユキノシタもわさわさ茂っていた。金網の向こうに。

散歩道のヤグルマギク


はっとするような色。


8日(水)




お揚げとヤブカラシのうどん。
これで塩漬けにしたフキの葉以外の野草ストックはおしまい。


9日(木)

5時に起きて作業。




焼きマフィンのスライスチーズサンド、紅茶。

帰りの電車は同じ時間帯に仕事をしている方とご一緒した。他愛のない話とはいえ、専門の違う方との話はたのしいし、刺激的でもある。お聞きしたいこともあったのだけど、また機会もあるだろう。

帰り道、声をかけられたような気がした


塀からパンジー。




カレー醤油焼きそば。
具は白菜とちくわ、紅生姜を乗せた。

明日からしばらく帰省するのだけど、水に挿しておいたら根っこが出てきたペパーミントと、まだ小さな芽の状態の皆さんが心配。いっそ連れて帰ろうか(無理)。とりあえずミントを苗ポットに植えた。


10日(金)

朝、花祭りも終わったことだし、と室内の植物たちをベランダに出している途中、オブツサ子を落っことし、葉を傷めてしまった。申し訳ないことをした。イナカから帰ったら株分けもかねて植え替えよう。花が終わったばかりでなんだけど。




甘ぎつねうどん。
ねぎはベランダ産。

夕方、ベランダの衆にたっぷりと水をやる。苗ポットに植わっているものは腰水にしておいた。着替えと土産を背負い、結局食べきれなかったきゅうりを提げて実家へ。

2019-04-30

日々雑記 2019 Apr. #3

21日(日)

サボ子に二つめの花が咲いた





チーズのバゲットサンド、紅茶。
バゲットが少し古くなってモサモサしていたので、厚く切ったモッツァレラタイプのチーズをはさんでホットサンドトースターで焼いた。ひとくち噛んだらあつあつのチーズが噴出して唇の端っこを焼く惨事に見舞われたが、うまかったので許す。

昼の野草膳


お揚げとノゲシの炊いたの、ヤブカラシ納豆、イタドリのごまおかか炒め、カキドオシ飯、ヤブカンゾウの白味噌汁。
ヤブカラシは皮を剥いてみた。ふだんはやらないし、やらなくてもどうということはないのだけど、なんとなくそんな気分になったので。案外ラクなものだった。いつも皮を剥くのが面倒で天ぷらでお茶を濁しているクズも、今年は皮を剥いて使ってみようか。

午後のスペアミント茶


すっきりしてよい。


22日(月)

オブツサ子の三つめの花


この調子で次々咲いてくれると受粉させてみたくなるのだけど、自家受粉でいけるのだろうか。




残りもの丼、セイヨウカラシナの白味噌汁。
丼は昨日のお揚げとノゲシの炊いたのにねぎを足し、たまごでとじてごはんに乗せた。

晩酌


アテはモンゴウイカのゲソとセリのナムル。
茹でて適当に切ったセリと茹でゲソを醤油とごま油で和えた。セリはレモンと相性がよいのではないかと思うので、塩、レモン、オリーブオイルの組み合わせなどでも試してみたい。

そんなことは大型ごみ回収の申し込みをしてからすればいいのに、しかも風呂に入った後だというのに、壊れたオーブンレンジを撤去しようと冷蔵庫の上から下ろし、うろうろと置き場を探すも見つからず、かといって思いのほか重かったこれを上に戻すのは面倒だし、しかたなく玄関の上り口に置いた結果ものすごい邪魔が発生してしまったのだが、ばかなのかわたしは。ばかなんだな。パジャマのホコリをはたいて寝る。


23日(火)

オブツサ子四つめの花開く


サボ子の三つめの花は明日開きそう。




味噌煮込みうどん。
具はノビル、お揚げ、たまご。

晩酌


ホタルイカとセイヨウカラシナの酢味噌がけ。

どうも接続が遅いなと思っていたら、ルーターがおかしくなった。初期化しても復旧せず。「明日サポートセンターに連絡してやるからな!」といい捨て、電源を抜いて寝る。


24日(水)

今日はウチ仕事なのだが、ネットが使えなければ調べものをするのに不便だし、いざとなったらネカフェにでも行こうかと思いつつルーターの電源を入れてみたら、なにごともなかったかのように動作した。なんなんだ。助かったけど。

サボ子の三つめの花が咲いた


いまはまだ最初の花も開花している状態で、花盛り。




天丼、インスタント味噌汁(しじみ)。
天ぷら(玉ねぎ、さつまいも、えび2尾)は昨夜買ってきたものを魚焼きグリルで温めなおした。




セイヨウカラシナとあさりのリングイネ。

思ったよりはやく仕事が片づいた。

晩酌


ノビル、あさり、わかめのぽん酢がけ。
これで土曜日に採ってきた野草はおしまい。


25日(木)

オブツサ子の別の株の花が咲いた


別の株というか、ひとつの株が分かれて増えたものなんだけど。

朝は駅前のコンビニで調達したフルーツオレ。エネルギーチャージを謳ったゼリー飲料を買うつもりだったのだが見当たらなかった。ああいうものってなくなったのだろうか。




フィッシュバーガーのフライドポテトセット。飲み物は紅茶。
雨のせいか店内が蒸し暑く、わたしは汗だくだったがイモはみるみるうちに冷めていった。

頭痛が酷く、帰宅してしばらく倒れていたが、4時前に起き上がり、注文していた本を受け取りによろよろ出かける。出かけるからには見たいものをぜんぶ見てやろうという勢いで各所を回り、もろもろ買って帰宅、疲れてまたもばったり倒れる。薬をのんで寝る。


26日(金)

オブツサ子どんどん開花


同じような絵面になるけど可愛いので撮り続ける(親バカ)。




ネギパン、紅茶。
某所の催事場で売っていた熊本のご当地パン。ネギ入り生地のやわらかいパンを二つ折りにして、オーロラソースと花かつおが挟んである。一銭洋食風。

午後、友と映画を観るために出かけ、手土産をと途中下車して祇園饅頭さんの工場に寄る。ぜひ食べてもらいたかった味噌あんの柏餅は売り切れてしまっていて、こしあんのものを購う。待ち合わせの時刻には少し遅れてしまった。友からはコーヒー豆をいただいた。

カルロス・ベルムト監督『シークレット・ヴォイス』を観た。復帰コンサートを控えた往年のスター歌手リラ・カッセンが記憶喪失に陥り、自分のことをすっかり忘れてしまうが、彼女の歌と振り付けを完全にコピーしてカラオケバーで歌っていた貧しいシングルマザーのヴィオレタが、極秘裏にリラに歌と振り付けを教授することになる、という物語。ミステリー的要素の大きい作品なので、ネタバレしないように感想をいうのは難しいのだが、これは何重にも入り組んだ娘と母の物語だった。マルタとヴィオレタ、リラと彼女のマネージャーのブランカ、リラとその母。それにコピーとオリジナルの問題が絡み、複雑なねじれを呈する。細部に「いやそれはないやろ」とツッコミを入れたくなるところはあったけれども映像美を優先したのだろうってことで。あ、映画の内容に関係ないけど、リラが着ていた(そのあとヴィオレタが着ていた)ハナムグリ柄のTシャツがほしい。


27日(土)

オブツサ子2号


二つめの花開く。1号2号ともに受粉適期の花(開花して二日目あたりがいいらしい)があるので、シュロ箒の繊維を1本取ってきてこちょこちょやってみた。

花キリ子よ


いつも思うのだがキミ、花から花を出すってどういうことなの。




ジャムサンド、コーヒー。
パンは一昨日買った石川のご当地パン。

来日中のビアンカ・ベロヴァー氏のトークイベント、東京だけだと思っていたら、本日京都でも開催されるということを教えてもらい、ダメモトで申し込んでみたら、残席があったらしく無事参加できることになった。




みょうが甘酢漬け、煮豆腐丼、インスタント味噌汁(しじみ)。
さいの目に切った絹ごし豆腐をめんつゆで煮て天かすを加え、炊きたてのごはんに乗っけて一味唐辛子をふり、刻み海苔、ベランダ産ねぎを添えた。

トークイベントは午後5時からだけど、いいお天気なので散歩でもと、お昼を食べたらすぐにウチを出る。

賀茂川に来た。強風が吹きすさぶ。寒い。


寒いがハトはいちゃついている。


吹きさらしの場所は寒くてやってられないので移動する。


御霊神社。この時期のここは


イチハツが最高なのであった。

このあと京都御苑をぶらぶら歩いてから、イベント会場へ。うっかり通り過ぎて引き返すなどしたが、無事到着。


受付で『湖』を買い、適当な席に座って開始時間まで読む。そろそろかと顔を上げると、ほとんどの席が埋まっていた。時間きっかりにビアンカ・ベロヴァーさん、翻訳者の阿部賢一さん、ベロヴァーさんのパートナーであるエイドリアン・T. ベルさん登壇、まずはミュージシャンであるベルさんの歌とギター。深みのある声……あれ、英語だ、と思ったらベルさんは英国出身だということ。

ベロヴァーさんのお話はたいへん興味深いものだった。会が始まるまで少し読んだだけでも、その文章には一切無駄がなく、わずかな言葉で核心を突くものであることがわかるのだけど、その鋭い表現は「50語で物語を書く」試みを通して研ぎ澄まされたのだそうだ。以下、メモより

・「湖」をタイトルとすることははじめから決まっていた。湖は物語の背景というだけでなく、主人公でもある。

・この小説は推敲せず、一気に書き上げた。後で手を入れたのは第2章の冒頭の些細な表現のみ。

・「おばあちゃん」は母親と違って直接的な利害関係がなく、無垢の愛を注いでくれ(ベロヴァーさんはブルガリアに住む父方のおばあさんとは年に一度しか会えないため、会うとたいへんかわいがられたそう)、一家の精神的支柱ともなる存在。

・ロシア人を「暴力的な存在」として比喩的に描いたが、もっと抽象的にすべきだったと思う。

・(「この話はここではじめてするのですが」と前置きして、小説のラストシーンが何に触発されたものであったかを明かされた。まだ自分自身が読み終えていないこともあり、ここでバラすことはしないでおく)

・(日本語版書籍の帯に「チェコ幻想×S キング×C ブコウスキー」とあるが)キング、ブコウスキーは好きな作家(そしてジャック・ケルアックも)。皆ジャンルにとらわれず、その作家にしか書けないものを書いていて、その作品には、アクションであれスリラーであれ、どこか現実に根ざしたところがある。

・文章を書くときは、具体的な表現は避けるようにしている。作品は塗り絵のようなもので、読者にそれぞれの色を塗ってもらいたいと思っている。

・『湖』は30か国ほどで刊行されるが、国ごとに作品の受け取り方が違っている。公害の多かった北ボヘミアでは、小説の舞台は自分たちの街だと考える人が多く、ポーランドやラトビアでは、ソ連の軍事施設を身近なものとしてとらえる人が多かった。イタリアやフランスでは、親子の関係など感情的な部分への反応が大きかった。

・(「いつ作品は完成したと感じるか」という質問に)小説の最後の一文を書き終えたときに終わる感覚がある。書いているうちからゴールは見えている。編集者に手を入れろ、もっと長くしろといわれても、それはしない(ので最近はいわれなくなった)。50単語で物語を書いてみることがよい訓練になった。作品には必要なことしか書かない。文章はポイントを押さえ、簡潔なものでなければならない。

最後にベロヴァーさんから阿部さんに、翻訳するにあたって苦労したことは?と逆質問。阿部さん、「『湖』はわずかな回想シーンを除いてほとんどが現在形で書かれているが、日本語の動詞の現在形は「する」「話す」のようにすべて「う」の音で終わるので、これを多用するとどうにも単調になってしまうため、どう変化をつけていくか、編集者とも相談しながら考えた」とのこと。わたしはこれから全編を読むわけだけど、そのあたりにも注目して読みたいと思う。

お二人にサインをいただいた。


阿部さんはほかの訳書にもサインをしていらした。列の前のほうの方が差し出された本に図書館のラベルのようなものが貼ってあって「えっ、これ書いていいんですか……あ、放出ものですか(笑)」なんてことも。あー、このまえ読んだイジー・クラトフヴィル『約束』を持っていけばよかったな、などと思うなど。


28日(日)

本日のオブツサ子1号





クリームチーズとはちみつのマフィンサンド、コーヒー。




目玉焼き乗っけごはん、にんじんと干しぶどうのサラダ、スライスきゅうり。
スープで炊いたタイ米ごはんに、片面焼きのたまごを乗せてパッタイ用のソース(瓶詰の)をかけた。

最近買った本など


『たべるのがおそい Vol. 7』(書肆侃侃房)、内田洋子『ロベルトからの手紙』(文春文庫)、廣末保『ぬけ穴の首 西鶴の諸国ばなし』(岩波少年文庫)、三方行成『流れよわが涙、と孔明は言った』(ハヤカワ文庫)、ビアンカ・ベロヴァー『湖』(阿部賢一 訳 河出書房新社)。


29日(月)

サボ子は咲き終わったけど、オブツサ子はまだまだやる。


左が1号、右が2号。




焼きマフィンにバターとはちみつと牛乳、コーヒー。




炒飯セット。
炒飯はきのうのタイ米ごはんの残りでつくった。具はちくわ、にんじん、にんにく、玉ねぎの芽(玉ねぎを出してみたら暗いところで芽を長く伸ばしていたので緊急使用)、スペアミント。スープの実は芽を取った玉ねぎとわかめ。

晩酌


アテは焼きそら豆。


30日(火)

今朝のオブツサ子


いけいけどんどん。




焼きマフィンにバターとはちみつとシナモンパウダー、コーヒー。
シナモンをふるのは、昨日のマフィンにコメントをくださった方に教えていただいた。とてもおいしい。




焼きそば。
具はちくわ、にんじん、ねぎ、キャベツ、干ししいたけ、もやしで、味つけは業スーのタイ料理の素とナンプラー、スペアミント。

午後4時のオブツサ子


朝には蕾だった新しい花が開き始めている。

晩酌はぞうのワインをとりのコップで


アテはハニーマスタードナッツ&プレッツェルミックス。

元号が変わる。とくに感慨はない。